欧米で馬肉は危険?あなたの知らない馬肉の危険性について!

・ちなみに自分馬肉も鯨肉も大好きです!

・日本人の感覚からすると、
恋人が犬猫食ってたらドン引きしますよね・・・破局もありえるかも。
そんな感じなんでしょうね。

・どんな生き物も生を謳歌しているのだから、特定生物は、OKまたはNGは納得できないですよね。狐狩り、ウサギ狩り、闘牛も十分残酷だけど、文化だし、鹿の首飾るの気持ち悪いですよ。人間に例えたら生首剥製にして飾ってるようなもんです。

国の文化の違いによるカルチャーショックは、良くあること。当たり前の事が、そうではないから異文化交流は注意が必要です。でも。資源が枯渇しない様に、食の多様性は必要です。肉食ってる奴は、綺麗ごと言っちゃあいけませんぜ。

・輸入肉が危険って話なのかと思ったらNGって事なんですね
勉強になりました

・馬肉、大好きなんですけど。。。
供給元も見てネット購入してます。。。
危険なレベルは記憶しました(^^;; ま、関係ないかな(^^;;(^^;;

・イギリスは馬の処分とか絶対にしないんですかね?
競馬が盛んなのにちょっとありえないですね。
もしかしたら殺処分する国へ輸出してのかもしれないですね。
ちなみにアメリカは殺処分・処理してペットフードになります。
あくまで隠密な会社で取材とか絶対できないそうです。

・国によってびっくりするような文化の違いがあるのが面白いですね

・ちなみに馬刺しで有名な熊本ではイギリスでも馬を育てて輸入してますよ。
貧困で喘いでいた村が馬を高く買い取ってもらえるので感謝されたと馬刺しの名店の社長が言ってました。

・一つ勉強になった

・カタツムリや昆虫、爬虫類を喰う国もあるんだし、食文化はそれぞれで良いんじゃないでしょうかねぇ。(笑)
因み私も馬刺しは好きですよ。「犬猫は無理ですが」(苦笑)

・馬肉美味しいのに(´;ω;`)

・うちの猫ちゃんは馬刺が好きです。

・ラオスでガイドに勧められたカブトムシの味が、エビと同じでした。エビと同じ味と言う事で受け入れる人もいれば、真逆にエビ・カニが食えなくなった人もいますw おかげで、貝・エビ・カニが食いつらくなりました、虫の仲間と強く意識してしまうw

・馬肉は美味しい❗️

・タルタルステーキは欧州の料理ですがNGなのでしょうか?

・フランスでは、普通に馬肉食べまてますよ。

ノルウェーとか北欧では鯨も食べてるし。

・つよしさんは馬並みにデカい

・それアメリカ人も言ってたわ!馬~~~?っ

・欧米の馬肉が危険なんじゃなくて
英国人に馬肉の話をするのが
まずいって話でしょ。。

・ドイツの肉屋では皮を剥いだ兎がしのままフックにかかって吊るされてました。
あーこれも文化だなぁ。って思っていましたね。

・競馬知ってる人は感覚的に分かるかな?
乗馬のことは頭の片隅あると思うし女王が競走馬所有してるとか知ってる
ニュージーランドやオーストラリアでもやばいかも

・しらなかったよ。役に立つチャンネルだなぁ。頼む、ライダイハンのインタビューを急いでください!!!

・馬肉(馬刺し)を食べる地域出身なので食のデリケ-トな問題には気をつけたいです。
ハラ-ルなど宗教的な問題もありますし。
単一の食材専門の店は名産といえどおもてなしには使わない方が賢明ですね。
自身は馬刺し大好きですが、、

・馬肉は、アングロサクソンは絶対に食べないんですが、フランス人は食べるんですよね。欧米の連中は、日本人がクジラを食べることについては批判をするくせに、フランス人が馬肉を食べることについては批判しないんですが、これって「差別」のような気がするなw

・ワニ…食べてみたい🐊

・因みに、日本人は兎を1羽と呼び、食べている所があります。確かフランスとか、そうだったような気がします。

・上海に行くことが多かったので、犬、アロワナ、カエル、ザリガニは自然と食いましたね。
タイではサソリとかねずみが食用で売ってましたがあれは無理でした。
東南アジア全体で食べられてるバロットも私は無理でした。
バリでは生うに取り放題でしたが現地人からはドン引きされました。
ホントに自分が食べたくないものは食べない。他人の食性には文句言わないが鉄則だと思います。
ちなみに馬刺し…というか獣肉の生は私はダメです。

・そうですね、関西人に納豆の話をするのも配慮があったほうがいいですね

・昭和に置いてきぼりのまま。
コンビーフの原料欄に、「馬肉」との表記を見つけて打ちのめされた小学生の私。
そんな私の家にやって来たのは隣の駅近くにある駐屯地の自衛官達。「上司に言われた(命令ね)抵抗したけどこんなのおかしいと」と言いながら缶詰めのコンビーフと沢庵を食べ始めた。「見せびらかして食ってこい」自衛隊の真実の一片である。
「自衛隊にも腐れた屑はいるのだ」、この事をわざわざ教えに来たのだろうと理解しておりますよ。一駅位は散歩でもない距離でしょうシネ。

軍に戻せない、承認されない理由の一つであろうか。
って「誰に?」「誰から?」

🐜

・欧米人に馬肉すすめるなんて…((( ;゚Д゚)))私は日本人ですが、私も馬肉は食べられません。馬肉が私の住む地域になかったのと、やっぱり馬は品があり賢いイメージがあるので、食用にはみれないです(T-T)馬肉専門店とか連れていかれたら、私も怒って帰りますq(*・ω・*)p

・日本のお店でさえ少しでも衛生に手を抜いたら食あたりを起こすことがあるのに。ましてや海外のお店でナマモノは自分は怖くて食えない。水も絶対ペットボトルだ。海外の国の衛生面が悪いわけではなくて国によって食の文化が違うからこればかりは仕方がないよ。

・いちいちよその国の食文化にケチつけるのやめてほしいわ。
イモトを見習えって思う。彼女、こないだ蚊の団子を「うまい」って言って食べてたよ。そうあるべきだよ。
馬だって虫だって豚だってニワトリだって、みんなみんな生きているんだ、友達なんだ。

・よくある日本人の典型的でかなり致命的な失敗例ですね、日本人ってその国の文化・習慣・風習の多様さに鈍感ですよ、長年日本国内で同質文化にのみ接し続けているので相手にも同質意識であると無意識に思い込んでいる、そこが重要です。例えばアメリカに嫁いだ妻が、夫が給料(全額)を妻自身に渡してくれない(家計は妻が遣り繰りするものと思い込んでいる、日本では当たり前)、信用してくれない、嘆き悲しみ破局を迎えるとか、、。又、エジプトでの出来事ですが日本人夫がエジプト人妻に全額の給料を渡したそうですが、数日後、電気・水道・ガス代は未払い、食糧を買うお金すら無くなったそうです。この悲劇も頭から家計は妻の仕事とその日本人夫が思っているからです。アメリカもエジプトも家計も夫の役割なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました